乳癌のホルモン療法の効果と副作用

症状の進行に女性ホルモンの一つであるエストロゲンが影響している場合には、それを逆手にとって治療を行うことができます。それがホルモン療法です。副作用が軽めなことも、患者さんにとって嬉しいところです。

ただし、すべての乳癌に効果的なわけではなく、ホルモン依存性の場合のみに有効となっています。したがって、がん細胞を調べることによって、依存性があるかどうかを調べることになり、陰性であれば化学療法に切り替えるのが一般的です。

ホルモン療法は乳癌の初期治療に用いられることもあれば、再発の場合にも使います。全身療法ですので、転移があっても使用することができます。

使用する薬剤は、大きく分けるとエストロゲンの産生を抑えるものとしてLH-RHアゴニスト製剤やアロマターゼ阻害剤があり、エストロゲンレセプター(受容体)に取り付く抗エストロゲン剤があります。

閉経前の方に用いるのであれば、LH-RHアゴニスト製剤や抗エストロゲン剤を用いることが多く、閉経後には抗エストロゲン剤やアロマターゼ阻害剤が多く使われます。

ホルモン療法の副作用

顔のほてりや発汗、のぼせといった更年期に似た症状や、無月経といったものが全般的に見られます。この他に、LH-RHアゴニスト製剤の場合には骨の痛みや排尿障害、肝機能障害があります。アロマターゼ阻害剤や抗エストロゲン剤には吐き気や嘔吐、食欲不振といったものがあります。

副作用は軽微なこともありますが、実際に治療を受けている方にとっては、楽なものとは言えないこともあります。事前に担当医に確認して、どのような見通しになるかを理解しておいた方がよいでしょう。

もうダメかと思ってたのに・・・
癌が驚くほど改善した人の共通点とは?