乳癌の早期発見への取り組み

ピンクリボンキャンペーンという言葉をご存知でしょうか?乳癌の早期発見や治療の重要性を訴えるための運動で、社会的にも認知度が高まっていますので、耳にしたことがある方も多いと思います。

ピンクリボンキャンペーンに合わせた取り組みも行われており、2009年10月26日には日本航空グループによって、客室乗務員のブラウスをピンクで統一する取り組みが伊丹空港で実施されました。

言うまでもないことですが、ブラウスの色を変えることに意味があるわけではありませんので、それを見た方が検診に行くきっかけになったり、自己診断によってしこりの有無を確認する機会にならなければ無駄に終わってしまいます。最終的には、新しい一歩を踏み出せるかどうかが重要になるのです。

ちなみに、ピンクリボンの由来については、乳癌によって亡くなった女性の母親が、孫に願いを込めた渡したリボンであるという説をはじめとしていくつかの説が提唱されているようです。

このほかにも、前立腺がんへの注意を喚起するブルークローバー・キャンペーンや、すい臓がんを対象としているパープルリボンキャンペーンがあり、早期発見への啓蒙活動は広がりを見せています。

もうダメかと思ってたのに・・・
癌が驚くほど改善した人の共通点とは?