乳癌の転移の危険性

女性特有である乳癌の治療は癌の発見した時の進行度によって変わってきますが、これは他のどの癌とも同じで早期発見する事が出来ればほとんどの場合は根治する事が出来ると言われています。

良く耳にする乳癌の症状は尋ねれば皆さんが「乳房にしこりを感じる」といった特徴的な症状を言う事が出来るのにも関わらず、早期発見をする事が出来ないという場合もあるようです、ですが実際には手術によって癌細胞とその付近の組織を取り除く事で治療が出来るとされています。

発見された時の乳癌の大きさにもよりますが、乳癌の手術を行ってから数年後に再発や転移の危険性がまったく無いというわけではありませんし、例えば発見が遅れた場合などにも言える事ですが「転移」する可能性もあります。

乳癌での転移の仕方というのは他の癌と同じように「リンパ節への転移」と「遠隔転移」という転移の仕方があるようです、リンパ節転移と言われる転移は乳房の近くにあるわきの下のリンパ節への転移から徐々に身体に広まっていきます。

そしていわゆる血液の流れにそって転移をしていきます、もうひとつの遠隔転移で転移しやすいのは「脳」「肺」「肝臓」などの臓器で、生きるのには最も重要である部分への転移をする危険性があります。

こうした転移をしないためには乳房の中の癌細胞が外へ出ないように治療をする事が重要になってきます。そのためには早期発見をするという事が最も重要な事になりますので毎日のチェックは欠かさないようにしましょう。