乳癌の治療方法

乳癌と診断されたらすぐに治療が始まります、通常はどんな病気であっても病気の説明や(告知する場合)その病院での治療方針についてや、具体的な治療の方法などについての説明が行われるものだと思います。

一般的な乳癌の治療方法としては乳癌の大きさやタイプとどのくらいのステージであるかを調べて、その病状にあった治療方法がとられる事になります。治療に使われる方法は「外科手術」が一般的で乳腺腫瘤摘出という手術が行われます。

一昔前だと乳房全体を切除してしまうというイメージの強かった乳癌手術ですが、最近では癌細胞の塊とその近くの組織を切除する手術が行われるため、全部の乳房を切除しなくても良いケースもあるようです。

当然最小限で済むケースというのは早期発見の場合の事が多いでしょう。手術によって癌細胞を切除したからと言ってそれで治療が終わったわけではなく、化学療法や抗がん剤などを併用する事も多くあります。

乳癌の中にも手術によって治療が出来ないケースもあるので、そんな場合には放射線治療や抗がん剤などを利用して治療を行い、癌細胞を小さくして殺してしまう治療が行われます。効果は個人差もありますし癌のタイプや大きさにもよります。

また、リンパ節への転移の場合の治療法や遠隔転移などを起こしている場合の治療法も、放射線治療や抗がん剤治療などを併用して患者さんの体力などと相談しながら治療を行っていくようです。

再発率や転移しないためにも乳癌は早期発見出来るように定期健診を受けましょう。