若年性乳癌とは

最近テレビのニュースなどでも耳にするようになってきた言葉の中で「若年性乳癌」という言葉があるのをご存じですか?若年性乳癌という病気は普通の乳癌とどのような違いがあるのでしょうか?実は病気自体にはあまり違いがありません。

ではなぜ若年性乳癌というのかというと、35歳よりも若い年齢で発症するから「若年性乳癌」というのです。では若年性乳癌は他の乳癌とまったく同じ症状なのか?というと、これはまた別の話になりますが若い人の細胞は細胞自体が活発に活動をしています。

そのため癌になったりするとその癌細胞も活発に活動してしまうので、進行が早かったり病状の方も一般の乳癌とは違うタイプである、炎症性乳癌になりやすかったりするので発見が遅かった場合にはステージがかなり進んでしまっている事もあるようです。

本来であればある年齢を超えると年々発症率が上がると言われる乳がんですが、若い女性が乳癌になるという事はそれだけリスクが高いという事になります、そして何よりも精神的なダメージもとても強いと言います。もちろん何歳で発症してもダメージはありますが。

若い女性の中でも結婚前の女性だったりすると、これから結婚をしたり出産をしたかったりと夢や希望があったりします、癌の治療というのはその夢を脅かしてしまう可能性があるので精神的なダメージがとても強いと言われています。

若年性乳癌じゃなくても癌は恐ろしい病気ですから、早期発見をするためにも治療を軽くするためにも定期的な検査を欠かさないようにしましょう。